« 熟年離婚は慎重の上にも慎重に | トップページ | 離婚して母と二人暮らしが始りました »

2013年12月15日 (日)

離婚が子どもにとって絶対悪いのか

離婚をすると一番かわいそうなのは子どもたちであるという考えはとても根強く、
確かにそうだとも思います。
しかし、本当に両親の離婚=不幸といえるのでしょうか。
これは、離婚の理由、それまでの生活の状態によって大きく異なることになります。
というのも、両親が常に不仲で言い合っていることが多い場合などは
子どもは家庭の中で萎縮している可能性が高く何らかの形で
それが影響してくるものです。こういう子どもは
両親の離婚をきっかけに精神的に委縮することがなくなり、のびのびと生活できるようになる
事例もあるようです。
また、両親のどちらかのDVがきっかけで離婚となった場合も同じです。
常にDVの恐怖にさらされながら生活をするというのは子どもにとって大きな負担です。
これらのように離婚によって子どもたちが救われる場合もあると言えるでしょう。


妻の浮気の証拠を見つけたら

« 熟年離婚は慎重の上にも慎重に | トップページ | 離婚して母と二人暮らしが始りました »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1734188/54263928

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚が子どもにとって絶対悪いのか:

« 熟年離婚は慎重の上にも慎重に | トップページ | 離婚して母と二人暮らしが始りました »